新店デリヘルRUNWAY、オーナーの目利きで揃えられた夜の姫達はハズレ無しの美形揃い、ロリ巨乳めるちゃんは甘え上手いじめられ上手のぷにぷにエロっ娘♡

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
↑ 応援クリックお願いします!


久しぶりに会った地元の友人と俺の家で飲んでいると、新店のデリヘルに行って来た聞いて、感想を教えてもらう。
なんとも歯切れが悪く、ハズレなのかと聞くとそういう事でもないらしい、ただネットの書き込み見てると低評価が多いんで自分がたまたま当たりだったのかハードルが低いのかわからんので人にはなかなか勧められないんだという。
ついでに言うとお相手の嬢にちょっと本気になりそうなんであんまり広めたくないというのもあるそうだ。


いい歳してピュアだなと思いつつも、形だけ共感してるように話を合わせ、絶対指名しないからと約束して嬢の名前を酒の助けを借りて聞き出す。


深夜に解散となって友人を見送ると、早速ホームページで聞いた名前の女の子を探す。
めるちゃんというその子は、おぉー確かにあいつが好きそうなロリっ娘w
出勤も確認して、約束などなかったかのように自分の予定を確認して行けそうな日を決める。
翌日が休みなので予約の電話しようかなと考えてるとそのままいつの間にか雑魚寝してしまい翌朝二日酔いの頭痛で寝を覚ます。


午前中は頭痛に悩まされつつ、グダグダと過ごし昼過ぎにようやく動けるように。
久しぶりの他人との晩酌に、いつもよりペースが早かったようだと反省。


残り半日の休みを何しようかなとパソコン開くと昨日の見ていたデリヘル「runway」のホームページが現れる。
あ、そうかと思い出し、友人がハマってる女の子を改めて見てみると、うん、可愛い、写真だとロリロリ過ぎてタイプとは少し外れてるがなんとなくNTRぽいシュチュに興奮できそうと面白くなる。
上手いことこの娘の予約取れたら、せっかくだし行ってみようかと考えて電話してみる。


若い男性が電話を受けてくれる、なんかノリが軽くてちょっと苦手なタイプ(^◇^;)
指名の有無を聞かれ、めるちゃんをお願いすると予約状況を確認されて無事OK。
コースを待ち合わせの80分でお願いし、待ち合わせ場所を聞き終話。
日本橋のローソンに2時間後に待ち合わせとなったので身支度を済ませとっとと家を出て電車で向かう。


休日の午後の電車はいつも乗っている殺気立った通勤電車と違いどこか間延びした雰囲気が眠たくなる。
うっかり寝過ごしそうになりつつも目的駅で下車し、歩いて数分ほどで時間通りで到着。
着く直前で店に知らせのコールを入れる、そのまま向かうと既にスタンバイしている彼女が立っている。


小柄でロングの黒髪、ワイドシルエットの街に居そうな普段着ぽい格好で如何にもオタク受け良さそうな見た目に、友人が気にいるがよくわかる。


声をかけると、営業スマイルにすっと変わりご挨拶。


こんにちは、指名ありがとうございます、めるです^ ^
cap_e_0_siro-4428.jpg

街中でかしこまって挨拶されると周りの目が気になりドギマギ、待ち合わせの弊害だね(⌒-⌒; )
こちらも挨拶済ませ、2人で指定のホテルまで誘導してもらう、ホテルまでのこの時間がデート気分なのとプレイ前に多少コミュケーション取れるのがメリットかな。


フロントで部屋を選び入室、部屋に入ってお店に電話入れるのを待って、いざスタートとなる。


道中そこそこ会話もしたので早速とばかりに近寄ろうとするとお風呂からとやんわり促される。
即尺までは期待してなかったけどイチャイチャぐらいはと思うが、こんなご時世なので仕方ない。


ただ脱衣アシスト有りなのは好印象、向こうも裸になって2人一緒に浴室に入り湯浴びから、もっと細いかと思ってたけど腰周りお尻と脂肪が付いた抱き心地良さそうな下半身、そして顔に似合わずど迫力の巨乳!
小顔ロリでボインちゃんとほんとにオタクの理想通りの見た目w
さらに高めのアニメ声が2次元のアイドルって感じやね^ ^


お湯の温度大丈夫ですか?
うん、ちょうどいいよー^ ^


そう言いながらタッチで肉付きを確かめつつ身体を洗ってもらう、反応はそこそこで洗いに専念なのでこっちも勝手におっぱいお尻と触りまくってるうちに洗い終わり、うがいと歯磨きもさくっと。


部屋に戻り、やっと本番だなと気合を入れるw
身体を拭き終わった彼女に近寄ると向こうも両手を開いて受け入れ体勢に。
風俗嬢とは言え友人が恋してる女の子のそんな姿はやっぱ興奮。


頭2つ分をほどで低い身長なんで見下ろし形で目が合うとアイプチで作った感満載の二重瞼と涙袋がくっきり。

cap_e_1_siro-4428.jpg
キスありかな?
うん♡


一言断りいれてチュッと、さらにディープに流れてその最中に膝を曲げ少し身体を下ろしおっぱいを揉んでいく。
浴室でも思ったけど、この巨乳天然モノぽい^ ^
シリコンとは違う脂肪の柔らかさに感動覚えつつ揉みながらキスを一旦止めて顔もバストあたりまで下げ、眼前の脂肪の塊をあんぐりと口に含む。


は、あ、、はぁん♡


男が悦ぶ反応を示してくれるんで愛撫にも力が入る、両方の乳房が唾だらけになったらさらにそのまま下に。
レースの紐パンが股間を形だけ隠そうと包むがはみ出てる貝が美味しそうに誘ってくる。
脱がそうかと思ったがこのままもオツなものと、下着を引っ張りながら隙間から大事なところを舐めていく。
膝をガクつかせながら必死で堪えるのを見てると、本気で感じてる?と思いあがりそうになる^ ^
そうなるとクンニにも全力を!とたっぷり時間をかけてパンティが向こうのお汁か俺の唾液か、どちらにせよびしょびしょになるまで続けていると。

cap_e_0_siro-4389.jpg
あぁ、、もう、だめぇ〜♡


くたっとへたりこんで床にお尻をつけるめるちゃん、はぁはぁと息が荒くなってるのを達成感混じりで見下ろしてる虐めたくなる弱々しさ。
そんな姿見てるとムクムクとフル勃起してきたのを顔の前に差し出して促すと、プロ根性見せてパクンと頬張ってくる。
片手で玉を揉みしだきながら亀頭を優しく舌でペロペロと刺激してくるんで加虐心が芽生え頭を抑えて軽くイラマで奥まで入れると垂れ目に涙を溜めながら見上げてくるんで余計にそそる。
あんまりヤリ過ぎて怒られるちゃうのも厄介なので、しばらく楽しみ引き抜くと粘土の高い涎が糸を引いてエロい^ ^

cap_e_5_siro-4428.jpg
このままバックでしていい?
うん、いいですよ♡


ベッドの縁に上半身を乗せさせて、俺も床に膝をつきバックで股の間にゴム付きチンポをねじ込む、太もものムチムチ具合が肉をかき分けてる感触強めで本番さながら、ケツを軽くはたきながら突いてるとロリマンコ犯してる気分でこれもまた興奮。
反応的にアリな予感するんで、特に交渉をせずにうっかり事故を狙ってピストンをわざと角度と深さをアトランダムで続けると。
ヌルっ!おっ?入った??

cap_e_6_siro-4428.jpg
あぁっ!ん♡


入った瞬間、声のトーンが違う喘ぎをあげる、めるちゃん、でもそのまま向こうを向いたままなのでこっちも素知らぬふりでグラインドを続ける。
うん、これ入ってるな、確信するチンポを包む粘膜の感触、昨日飲みの席で円盤お願いしたけど断られたと嘆いていた友人に対しての優越感と合法ロリとの本番の快感に早くも限界。


イキそ、イクイク、イクよ、イクっ!!
はぁ♡ん♡ん♡あ♡っ♡!

cap_e_4_siro-4428.jpg
ゴム越しでも射精の勢いを感じるのか出る度に甘く鳴いてるのでイッテるけど何度も追加で突いて余韻を楽しみ、ズルッと抜くと明らかにホカホカなローションではない何かに塗れたぐったりチンポが見える^ ^


後片付けを済ませ、ホテルの前で見送ってもらうまで特に突っ込みももらうことも無く一安心、なんならコメント付きの名刺ももらえたので営業努力で基盤も有りにしてるのかなと邪推しつつこれはアイツには言わずおこうとニヤニヤしながら帰宅する。


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
↑ 応援クリックお願いします!


コメント

非公開コメント

001